日语能力考试的评分标准等点得分


来源:   时间:2020-11-26 09:54:58

新能力考试每个级别的满分均为180分。根据以上消息可知:N1要达到100分才可及格,N2需要90分,N3需要95分。另外,每个级别的各单项分数都要达到19分才算合格。
 
那么,关于评分标准究竟是怎么样的呢?
 
首先,来看看一段官方给予的答复:
 

考试官方给予评分标准的答复
 
新試験では、試験問題が全体として難しかったか易しかったかに関係なく、どの回の試験でも、「同じ能力」の人であれば「同じ得点」になるしくみに変えました。これを「尺度得点」といいます。尺度得点では、「言語知識」、「読解」、「聴解」のそれぞれの能力を測り、0~60の目盛りがある尺度(ものさし)上で得点として示します。「総合得点」はこの3つを合計したものです。同じレベルの試験の得点は、いつも同じ尺度(ものさし)で計算します。
 
新試験では、みなさんのいまの日本語能力を、この共通の尺度(ものさし)で測るため、みなさん一人一人が、どのような問題にどのように解答しているか(正解したかまちがったか)を調べて、得点を計算します。ですから、たとえば聴解試験で正解した数が同じ人がいても、正解した問題が違う場合には、得点も違う得点になります。このように尺度得点では、いくつ正解したかがそのまま得点にはなりません。

 
新日本语能力测试的得分是以通过"等值"的方法获得的"标准得分"来表示的。旧考试的得分是根据正确回答试题的数量而算出的"纯分数"。
 
标准得分是在同一级别的考试中总是按照同一标准计算出的分数。试题的难度每次都有稍许变化,但标准得分是不会因试题的难易之差而使得分有高有低。
 
因此,可以正确且公平地在得分上体现报考时的日语能力,即相同日语水平的考生不管参加何次考试,都有可能取得同样的判定。
 
所谓的"纯分数"就是每个题目都有固定的分数值,比如:听力60分,20道题则每题3分。
 
而改革后的考试采用的是"标准得分"(「尺度得点」)每个题目会根据情况存在动态分值,官方都不会对外公布每道题的正确概率,所以官方公布成绩前具体的分数还是无法算出来。
 
可以确定的是:
 
1.由于每一题的难度都不同,一般来讲较难的题目占比较高的分,简单的题目会比较少的分。
 
2.对照参考法。如果有考生,只答对简单题,但又非常幸运地猜对几题应用题。普通换分法的话,当然会受益。但对照法的活,评分人是知道你真实的实力。
 
\
 
如果考试共有10题,4题简单题,3题中等难度题,3题超纲范围外的题目。一个考生答对4题简单,1题中等,0题超纲,另一个考生答对4题简单,0题应用,1题范围外的考生应该会有一样得分。而答对4题简单,3题中等,2题超纲范围外的考生,和3题简单,3题中等,3题范围外的考生应该也会有一样得分。


延伸阅读

一口气看完四大排行榜之日本大学哪家强!

2021年日本医科大学入学考试有新变动?

如何选择适合你留日的学校?

热点关注

校区地址
近期出分情况